アイタウンページが不可欠

アイタウンページでファックス送信する

アイタウンページでトータルコストをおさえる

トータルコストが一番安上がりな手法

ダイレクトメールは、現代のビジネスでも、きわめて有効な手段だとされています。ですがダイレクトメールにも様々な種類があります。インターネットの全盛期ですから、電子メールを使ったダイレクトメールが盛んに送信されています。それから、従来の郵送を利用したダイレクトメールは、今でも盛んに利用されています。この二種類のダイレクトメール手法に加えて、最近増えてきたのがFAXDM です。ダイレクトメールで大切なのは反応率です。例えば郵送の場合ですが、1000件郵送したとして 3件の反応があります。つまり反応率が0.1%ということになります。これに対して FAXDM の場合では、その反応率は0.1%です。 反応率が低いにも関わらずFAXDM に人気が集中しているのには理由があります。それはダイレクトメールのなかでは、トータルコストが一番安上がりな手法となっているからです。アイタウンページを利用すれば、簡単に送信できるのも魅力です。

相手の会社の受信機で直接印刷される

それでは FAXDM の人気の秘密に迫ってみましょう。 FAXDM の一番大きな特徴は、FAX で送信されるデータが、相手の会社の受信機で直接印刷されることです。それでどうしても最低一度は、相手の会社の担当者の目にとまるということになります。 ということは開封率が100%であると言い換えることもできます。印刷された形で出てくるので、時間が経っても、お問い合わせが戻ってくる可能性は高いのです。これが一番の人気の秘密でしょう。 FAXDMのトータルコストが安いのも大きな特徴です。 FAXDM では、一通あたり、わずか3円のコストで送信ができるために、圧倒的な低コストを実現できています。郵送のDM に比べても、そのコストはわずか1/10程度になります。送信先はアイタウンページから選べます。

法人宛の FAX であれば事前の許可は要りません

郵送に比べると FAXDM は反応が早いのも大きな特徴です。郵送の場合では、最低でも、1週間か2週間ぐらいはかかりますが、 FAXDM の場合では配信後30分くらいで、お問い合わせが来ることもしばしばです。現代のビジネスではスピードが一番大切にされています。スピード感の極めて高い FAXDM は、それで、今の世の中に受け入れられているのでしょう。 郵送のメールに比べると気軽に送信できるのも FAXDM の大きな特徴です。個人宛に送る場合でも法人宛に送る場合でも、ファックスの文章では、さほど堅苦しい表現は避けることもできます。個人宛に送る場合は前もって許可を得てことが必要ですが、 法人宛の FAX であれば事前の許可は要りません。アイタウンページで送信先を選ぶだけです。これが FAXDM が気軽に利用できる大きなポイントです。 FAXDM で必要な準備は、配信先の企業リストと FAX の原稿だけです。今は Microsoft 社の Excel や PowerPoint あるいは wordを使って FAX 原稿を仕上げるのが、ある程度習わしとなっています。いずれにしても、手紙で郵送される文書に比べると、かなり気楽に作成ができるということで、それが FAXDM が受けている大きな理由です。

人気記事ランキング